砂川用水(野中新田分水)の由来

この水路は、八代将徳川吉宗の治世の享保14年(1729年)、新田開発が進みつつあった野中新田六左衛門組と榎戸新田(現在の北町・並木町など)の飲み水に利用するため、「野中新田分水」として玉川上水から分水してつくられました。この分水から飲み水を確保できるようになったことから、農民(新田開発者)の入植が進み、五日市街道に沿って新田開発が更に進むようになりました。
その後、明治になって玉川上水に船を通すため分水口の統合が行われ、「野中新田分水」をはじめ九つの分水が「砂川村分水」(明暦3年、1657年開通)に統合され、「砂川用水」と呼ばれるようになりました。
現在、「砂川用水」は、玉川上水にかかる松中橋(立川市と昭島市境)のたもとに分水口があり、羽村堰で多摩川から取入れられた水が流れる玉川上水より分水しています。
国分寺市内では、立川市境で五日市街道をはさみ南北二本の水路に分かれて西から東に流れ、小平市境で再び一本の水路となります。南側水路は延長約2000メートル、北側水路は延長約1600メートルあり、多くが掘割として残っていますが、水量が少なく、北側水路は空堀となっており、この南側水路でしか用水の流れを見ることができなくなっています。

並木公民館前用水の案内掲示板より

用水の地図